2016年07月29日

赤と青。

毎年、各機関へ貼りだしをお願いしている、美術展のポスターですが、


今年度の相生市美術展運営委員会で、




今年はこれまでの開催地であった相生市民会館が



新しくなぎさホールに建て替わって最初の年になるので、



ポスターのデザインも新調しようということになり、



デザイン部門で参加させていただいております、ワタクシが承ることになりました。





市の職員時代は、イベントのチラシやポスター、Tシャツのデザインなどいろいろなデザインを担当させていただいておりましたが、


やってくれるだけで有難い、という感じでしたので、デザインに文句をつける人はおらず(つけさせない雰囲気を醸し出していただかもしれませんが・笑)、お仕事以外ということもあり、半ば気楽にやっておりました…






しかし今回、委員のみなさんは、洋画・日本画・書・写真・工芸・彫刻など、各分野で大変ご活躍の先生方の集まりで、



たまたま入った若輩者の私が請け負うのには荷が重く、御指名を受けた時は正直、どうしよう…ガーン


という感じだったのですが、



プレッシャーというストレスは意外と好きということもあり、制作させていただくことにしました。




2案制作し、



一つは、新しいホールということで、


はじまり、スタート、躍動感、勢い 動 を表す 赤を基調にデザイン。



もう一つは、第42回ということで、


伝統、継続、落ち着き、感性 静 を表す  青を基調にデザインし、



委員会で選考していただきました。




どちらが選ばれても納得のいくように(時々あまり納得の行っていないデザインが選ばれてモヤっとすることがあったので)


仕上げました。



当日、2パターンを発表し、多数決で選んでいただくことになり、挙手をしていただくと…


なんと!


8対8と同数に!!!


どちらも良い、というお褒めのお言葉もいただき、とても嬉しかったです。



委員長の意向や、事務局の方の意見も取り入れて




「赤」に決まりました!!



市民の方向けのデザインは、見えにくい、分かりにくいから、字を大きくして!!という注文が多いのですが、




この委員会では、


字の分量が大きくて、せっかくのデザインが見えにくいのではないか?


というご意見もあり、


おおー、さすが~!!と、嬉しく思いました。






これから、関係各機関に配布されていくと思いますので、


ぜひ捨てずに(笑)貼りだしてくださいね!



ポストカードも同デザインであります!




募集要項は、まもなく相生市役所のHPで確認できると思いますのでまた改めてお知らせします♪








































  
タグ :美術展


2013年11月01日

姫路ばら園 レッド

11月1日、新しい月の始まりですね。


1、1、1。


1は数秘でも始まりを意味し、カラーではレッドで表されます。



レッドを表すキーワードは、


スタート、情熱、やる気、行動、前進。


ということで?


ばら園の真っ赤なバラをみて、


レッドパワーを取り入れてきました。








バラの赤にも負けないぐらい鮮やかなレッドのストールは、


瞳や髪の色も真っ黒な、ウィンタータイプの人に似合います。


PCCSでは、v2。


とても鮮やかなので、ブライトスプリングの方にもオススメです。








ヒーリングとして取り入れる場合は、


一歩前進したい時に、勇気をくれる色です。

また、競争に勝ち、1番になりたいときにパワーをくれる色です。




力を付けたいからと言って、取り入れすぎると、コントロールするのが難しくなる色なので、


ここぞ、という時にポイントとして使うことをオススメしますニコニコ






ストールのお問い合わせ・ご購入は、

コチラからお願いします。


レッド 4,200円(税込み)




パーソナルカラー診断







  

2010年07月13日

赤のハナシ。

元気やパワーを出すのに取り入れたい色は?


と聞かれると、


「赤」という色を思い浮かべる方も多いかもしれません。



たしかに、赤は、情熱やパワー、力を表す色です。


でも、ものすごーく疲れた時に、赤をみると、余計にしんどくなる、ということはないでしょうか。



カラーセラピーが終わった後、あなたに足りない色、補ったらよい色ということで、ヒーリングカラーとして、
これからの生活に取り入れて欲しい色を提案します。


パワー不足だから、赤を取り入れてください、と押し付けてしまうと、


見るだけでもしんどいし、赤色に圧倒されてしまいそう・・・と拒否感を持つ方もおられます。


病気になった時に、赤いお花を届けて、元気になれる人と、そうでない人がいるのです。



胃腸が弱って消化不良のときに、元気をつけようと焼肉を食べにいくようなものです。


たかが色、と思うかもしれませんが、思いのほか生活や心に影響を与えるものなんです。




私も、しんどーい時は、赤を見る気になれませんし、元気いっぱいで燃えている人を見ても、あの人パワフルだな~、と思っても歩み寄る力がないですが、




復活してきて、今から行動したい、とやる気になってきたときは、

赤の人の近くに行って、勇気をもらうこともあります力こぶ





しっかり地に足をつけて、行動しようとする時に、

ポンっと肩を押して、勇気をくれる色でもあるのです。









その人の心身の状態に合わせて、「色」で診断し、「色」を処方するのがカラーセラピーです。



お問い合わせは、アトリエリーフノート



  


Posted by ayumi at 12:39Comments(0)赤のハナシ。