2016年10月17日

来年の手帳のカラー 

来年の手帳を入手する時期になりましたね♪


来年、どんな年にしたいか?



で色を選ぶといいですよ^^



以前書いた記事 →手帳のカラー をご参照ください。



私はいつも、生年月日から導き出す、



その年のテーマカラーにするのですが、


今年はネイビー、


2017年は、バイオレットです。



バイオレットの意味は、


変化、目標、精神性、癒しなどを表しますが、


一方で、不安定さも表します。


スピリチュアル好きな人の多いカラーの世界では好まれる色なんですが、


一般的な講演会などでお聞きすると、最下位になる色なんです。



手帳コーナーに行っても、紫色は少ない!!



すごく惹かれる時もあり、



直感力を増長してくれる色ではありますが、


偏って現実的ではないので、ちょっと紫は手帳には不向きかな~?と思っていました。



そこで、



やさしいラベンダーカラーをみつけました。



ラベンダーの意味は、心の平和、内なる知性、無条件の愛などです。


お寺などに使われている、いかにも!という紫色ではなくて、



やさしいカラーだったので、



そちらを購入しました!



みなさんも、どんなテーマの年にしたいかを色に置き換えて選んでみてくださいね。



今年中にカラーセラピー・バースデーカラー診断にお越しの方には、来年のテーマカラーをお伝えいたします♪(うっかり忘れる時もあるので、聞いてくださいね!!)





手帳を選んでいたら、二人組の女性が、


「私、書くほどの予定ないから、いらんわ。」


と言ったら、もう一人が、


「そんなん、粗大ごみ!、とか書いとけばええねん。なんぼでもあるわ、書くこと。」



と言っておられて、



思わず笑ってしまいました(笑)



カラーセラピー バースデカラー診断




















































  

Posted by ayumi at 15:30Comments(0)色彩紫のハナシ。

2015年07月03日

紫色は貴重?

赤く燃える火、


オレンジ色に輝く太陽、


広がる空や海の青、


山々や草原にあふれる緑・・・・



色は身近な自然に存在しますが、


紫色を自然の中に探すのはなかなか難しい…


昔から、紫色の染料が貴重だったので、身分の高い人が身に着けたなどから、


紫色の意味は、


貴重、珍しい、高貴な…などと言われます。


また、赤と青を混ぜて紫色を作るときに、青紫になったり、赤紫になったり、と


なかなか安定した色が出せないこともあり、



不安定、などというキーワードも出てきます。



先日開催したカラーカクテルパーティにて、


きれいなカクテルを作ってくださった、「Beby Leaf」のオーナーさんが


前夜に紫色を作ろうとすると出来ずに、悪戦苦闘されたブログを読んで、



やっぱり紫色って、神秘~


と思ってしまいました。






そのブログはコチラ



お忙しいところ、不安定な紫色作りに取り組んでいただきありがとうございました!



そして、ブログ最後に登場する、やさしい女性のネームカラーは「紫」!



紫色は、癒しの色でもあるのです。



深い…





  

Posted by ayumi at 09:41Comments(0)色彩紫のハナシ。

2010年08月18日

紫のハナシ。

他の色は、好きでも嫌いでもない、という人が多い中、


紫色は、

好き!

って人と

嫌い!って大きく分かれる色です。


紫は、全然違う性質の赤と青を混ぜてできた色で、不安定という要素を持っています。



ファッションカラーの流行は、実市場から2年も前にインターカラー(国際流行色委員会)が選定し発表します。

お店に並ぶのは、そこで決まった流行色ですが、それが消費者のニーズと合って売れるかは別問題ですね。





一昨年、紫色が大流行しました。

当時の総理だった麻生さんが、流行に敏感でオシャレということをアピールするためか、紫色のネクタイをよく着けておられました。
普段は持たない、という方も、流行っているからとファッションに取り入れる方も見かけました。




流行色ということで、商品のデザインや種類が豊富だったとしても、あれほど紫が流行るということは、
心理的にも、消費者が紫色を必要としていたからではないかと思います。


いくら流行っていても、使って嫌な色を取り入れることは少ないでしょう。




あんなに紫色が流行ったのはナゼ?と心理面から分析してみると・・・



不安定な気持ちになった時、紫色は心を癒してくれる、「癒しの色」なのです。


普段は目に付かない「紫色」が気になるとき、


それは心が癒しを求めているサインかもしれません。



色の意味は一つだけではなく、-に限らず、+の意味の要素もたくさんあります。

他にも紫色は、美しいものを感じる力がパワーアップしているときにも気になります。



















人はどんな状態のときに、どんな色を欲求するのか、など、

色彩心理を学んでお仕事や、生活に役立てませんか。

お問い合わせは、アトリエリーフノートへ。


  


Posted by ayumi at 13:12Comments(2)紫のハナシ。