2017年07月15日

ハス酒を楽しむ会 ~三室戸寺~

一年に一度だけ、



ハスやあじさいで有名な、宇治の三室戸寺で、


「ハス酒を楽しむ会」が催され、


それが京都に居る日と合ったので、行ってみました!



健康、長寿に効く、蓮の葉から日本酒を注ぎ、茎からストローのように吸い込むという珍しい体験ができるそうで、


お酒が弱いのに、好奇心が勝ちました。




宇治からタクシーかバス、と聞いていて、


バス停を見てみたら20分は待たないといけなくて、


暑いのでタクシーで向かいました。




タクシーの運転手さんに「三室戸寺」と告げると、


「よう飲まはるんですか?」と尋ねられ、


「まあまあです。」と答えました(笑)




会場まで汗だくでたどり着きますと、


「残りあと5名です!」という声で、


ギリギリセーフ!バスを待っていたらアウトだったなー。



失礼ながらお参りは後にさせていただいて、


先にいただくことにしました。


ハスを持ち、葉っぱに日本酒を注いでもらうと、茎の先端からお酒が流れてきて感動!


暑いなか、冷たくてみずみずしい日本酒がのどをつたい、心地よい♪♪


朝から一杯やってしまいました。






面白い絵面なので、自撮りしようとしたら、



こぼれないように注意してください、と注意を受けたばかりなのに


こぼしてしまいました(笑)












まだまだつぼみがあって、これから楽しめそうですので、



ぜひ行ってみてくださいね!







  

Posted by ayumi at 10:19Comments(0)旅日記