2018年11月09日

日本人とパリジェンヌのファッション

さて、ロンドン・パリではファッションチェックも、もちろんしてきました。


なるべくジロジロみないように、


でも、目の色、肌の色、髪の色を見て、


着ている服と見比べて・・・


特にパリっ子は本当におしゃれ。


たくさんのファッション本に取り上げられているように、


ストールの巻き方、バッグの選び方、すごく様になっています。


決してモデルさんのようにスタイルがよい人ばかりではないのに、


老若男女、みんなおしゃれなんです。


それは、日本のように流行に流されず、


似合うものを知っていて、


私はコレでいく、と自信を持ってきているからだと思うのです。


と、ここまではよく本でも書いてあるし、気づいている方も多いかもしれません。





しかし、この旅でそれがなぜかしっくりきました。


それは、


日本人と違って、瞳の色が、グレーで、髪もアッシュの人は、グレーっぽい服を着ているし、


髪が黒くて肌も黒い人は、濃い色を着ている。


髪の色が金髪で目が茶色い人は、イエローベースの服をちゃんと着ているのです。


そう、とても分かりやすいのです。


似合うものが分かる→似合わないものが分かりやすい、ということなのです。


日本人は、一般的にいうと、髪も黒いし、明るいと言っても金色とまではいきません。


目の色も、グレーっぽい黒、茶色っぽい色ぐらいで、グリーンやブルーなどはお見かけしません。



パーソナルカラーのルーツは


ヨーロッパの伝統的な教養の一つとして、母から娘に受け継がれた「淑女の身だしなみ」にいきつくものと思われます。


例えばブロンドの髪にすみれ色の瞳の色の娘には、その瞳の色が美しく映えるように、と母親がすみれ色のドレスを選んだり、


褐色の髪にとび色の瞳の娘には、明るいオレンジ色のドレスがふさわしいなどといったように・・・



さほど変わらない日本では、その文化が根付かなかったのです。


ということは、


ヨーロッパ人がおしゃれ、おしゃれとお手本のように言われているけれど、


実は分かりやすいだけで、


日本は分かりにくいから仕方ないじゃん、ということになります。


その微妙な差をはっきりさせて、


似合う、似合わないを診断するのがパーソナルカラーで、


昨今ブームになってきているのは、


やはり似合うものを着た方がおしゃれ、ということに気づいてきたからなのだと思います!!


パリパリ、いうけれど、


日本人がファッションに遅れているわけではない!そう思ったしだいです。



しかし、似合わないと分かっていても、パリジェンヌの真似をしたくなっちゃうんですけれどね(笑)









パーソナルカラー診断


24時間ネット予約








  

2018年11月09日

ロンドンの赤

さて、ロンドンのカラーといえば、何を思い浮かべるでしょうか?


イギリスの国旗、ユニオンジャック?


ロンドンバス、


テレフォンボックス、


バッキンガム宮殿の兵隊さんの制服・・・


そう、すべて、赤!


いろいろ調べてみると、特に街並みに合わせた等、歴史的な経緯は少ないようですが、


もうイメージが定着しているせいか、



街並みの差し色的存在としてとてもマッチしているように感じられました。
















衛兵さんのコスチュームも赤を期待していたのですが、



衣替えで冬はグレーでした!!








やっぱり赤の方がイギリスっぽいですよね!!


お土産の兵隊グッズも、グレーだと地味すぎます(笑)





  

Posted by ayumi at 13:07Comments(0)色彩旅日記