2018年11月14日

福利厚生倶楽部 RELO CLUBの優待提携について

アトリエリーフノートは、



契約社数国内約10,000社計630万人の企業・公務員とそのご家族2親等のための福利厚生サービス「リロクラブ」の優待提携店になりました。



カルチャースクールのカテゴリーで、福利厚生サービスを受けられる施設の1つとして掲載されています。



パーソナルカラー診断・骨格診断をご利用の際に、福利厚生倶楽部の会員証をご提示いただきますと、割引特典がございます。


会員の皆様は是非ご利用ください。












  

2018年11月14日

トイレット@パリ

みなさん。


パリはトイレにもこだわっていましたよ。


日本でも、商業施設やカフェなど、きれいでおしゃれなトイレがたくさんありますが、


公共機関はベーシックですよね。


こちらはパリのシャルル・ド・ゴール空港の女子トイレ。


まるでケイトスペードのような配色で、なおかつシンプル。






人がおられて詳しい写真は撮れませんでしたが、


こちらはプランタンのトイレ。







とにかくシンプルなんです。


もう、理想のデザイン。


水を流すボタンが、壁と一体化していて、



これがボタン?


と分からない。


温風の吹き出しか、水が出るのかお湯が出るのかすら分からない蛇口。


おろおろしていると、


モデルさんのようなパリジェンヌが、こうするのよ!という感じでお手本を見せてくれました(笑)




目に見える、設備的なものがすべて隠されて、


インテリアとしてのみ、表現されているのです。



日本ではこうはいきません。


デザインを優先させると、


「流すボタンが分からなく使いづらかった」


「水だと思ったらお湯が出て、やけどしそうになった。危ないから分かりやすく書いたほうがよい。」


などと、


口コミやアンケートにかかれてしまい、


せっかく作ったデザイナーこだわりの壁に、


「このレバーを回してください。」という手描きの張り紙を付けねばなりません。


美意識優先か、使いやすさが優先か。



長年の意識や文化の違いですね。



パリの美意識の高さを見習いつつ、


日本の気遣い、おもてなしの心を持ちながら、


気持ちよく生きていきたい。


そう、思いました。






  

Posted by ayumi at 12:34Comments(0)色彩旅日記

2018年11月14日

PRINTEMOS DU GOUT

パリ通のインテリアコーディネーターさんに、


ここはおススメだからぜひ行ってみて、


と教えてもらっていた、


プランタンの中にある、レストラン&マルシェ、


PRINTEMOS DU GOUT


今年OPENした、すべてフランス産のお店だそうです♪♪



パリのDEAN & DELUCAって感じかな?






インテリアもおしゃれで、







パリが一望できるテラス席もあり、











ああ、エッフェル搭背景に、ワインを飲みながら、


「ボンソワール」


と言ってみたい(笑)



食事をする時間帯でもなく、お腹もいっぱいだったので、



マルシェの方へ行ってみました。






そこで、



料理もワインも、何かと口うるさい妹たちへのお土産に、


オリーブオイルの詰め合わせを買いました。




店員のお兄さんに、


ジャパニーズ?と尋ねられ、


そうだ、と答えると、とても愛想が良くなって、


袋はいくついる?


いつ日本へ帰るの?


などと尋ねられて、


プレゼント!


と言ってエコバッグをもらいました♪♪



PRINTEMOS DUGOUT


  


Posted by ayumi at 10:28Comments(0)ランチ旅日記