2018年11月16日

ターコイズ@大英博物館

旅日記、


少し戻って、カラーリスト視点から大英博物館を見た印象。


本当はあまり興味がない分野の博物館・・・


ロゼッタストーン、ミイラ、モアイ像など、


色どりの少ない彫り物系。


しかし、ホテルが大英博物館の近くで、イギリスといえば・・・という名所でもあるので、行ってみました。





やはり、見ていても、地味な印象。世界史が好きな人には怒られそうですが、


ミイラを見ても気味悪い・・・




そんな中、


よく目に入った色が、


「ターコイズブルー」


そう、トルコ石の色です。


エジプト時代は、鉱物セラピーが盛んで、


トルコ石を砕いて飲んで、浄化に使われていたともいう、元祖カラーセラピーの石です。



時代を超えて、残っているこのブルーが印象的でした。



カラーセラピーでは、ターコイズブルーは歴史や、時代の流れを表す色とされています。


そして、縁をつなぐという意味を持つ色。




ギリシャの真っ白な建物も昔はカラフルだったことや、


日本でも平安時代に色鮮やかに染色されたものも、今となってはやはり色褪せてしまっていることを見ると、



鮮やかな色として残り続けているターコイズブルーはしぶとい色で、人々の歴史を繋ぐ色だと


改めて思いました。




ミイラや石器に映えるターコイズを眺めながら歩いていると、


カフェがありました。




インテリアの色がターコイズブルーピカピカ


意図してか、していないかは分からないけど、


やはりテーマカラーになるんだなぁと思いました。


そして、古いベージュの建物にしっくりマッチする色。












今回、訪欧州で、



今まで机上で勉強してきたことが、現物をみてしっくりくることが多く、


若い頃に来ていたら、買い物や美味しいものばかりに目が行ってしまっていただろうな、と思い、


今の年齢になって来られてとても勉強になってよかったです!!