2011年02月22日

一生の買い物?

リュッシャーカラーオブラブが、恋愛のトラウマを分析するカラーテストであることは、


このブログでも何度か取り上げましたが、(過去の記事はコチラ


自分自身の恋愛を色に置き換えるというユニークなものです。


大きくは4つのパターンに分けられ、


一目惚れしたり、フェロモンに惹きよせられたりなどと、すぐに「大好き~!」


となるタイプ


価値観が合うかどうかを重要視し、肩書きなども納得できる、
ある一定の枠の中から選択するタイプ




一人の人を一旦好きになると、一途になって、別れられない、忘れられないタイプ



恋していることに恋をしている自由人タイプ


などです。


これは、スイスの心理学者マックスリュッシャー博士の統計により分析された、
心理学なのですが、



これをもとに、個人的に統計を取っていたところ、あることを発見しました。



買い物をするときの決め手となる条件とほぼ一致するのですオドロキ

食品など、普段から必要で買うものではなく、洋服や家電など、ちょっと考えて買うものです。



例えば、恋愛対象は、信用できる会社に勤めてて、安定していて、親に紹介しても大丈夫な人、
などと思う人は、


買い物においても、失敗のないようにあらかじめリサーチして、ここのお店、ここのブランド、この人のオススメだから大丈夫というように買い物をして、
デザインがいいな、と思っても、安物だからすぐ傷むかも?とか思って買わないことも。



その逆に、一目惚れしてしまう人は
気に入ったら、衝動買いをしてしまう。
バーゲンなどにも弱いタイプ。



一途な人は、あまり新しいもの、買い物に興味がなく、使えなくなるまで気に入ったものを使い続ける、
そして使えなくなっても、捨てるのをためらう



などというように、


かなり共通点がありますピカピカ



誰かと一緒に買い物へ行って、選ぶ基準の違いに驚くということがあるかもしれませんが、
この価値観がパートナーと離れていると、喧嘩も多いかもしれません。


車をブランドで選ぶ旦那さんとデザインで選ぶ奥さん。
すぐに買ってしまいたい人と、じっくりリサーチしてから買いたい人。






あなたの買い物は、何を基準に選びますか?

普段の買い物は、ちょっと失敗しちゃった~で済むけれど、

一生の買い物??は、それでは困りますねアセアセ



恋愛も、買い物も失敗が多い人は、



自分の価値観を客観的に分析して、今までの自分とは、違う価値観を意識して試してみるのもよいかもしれません。


この4枚のカードの組み合わせで紐解きます↓


一生の買い物?



カラーテストは、この色が、その内容と結びつくの?というのが分かりにくいし、
(特にリュッシャーは難しいのです♪)


より本能的に結びつくし、老若男女、世界共通語なので面白くて深いのです~ニコニコ



カラーオブラブは、リュッシャーカウンセリングやカラーセラピーカウンセリングの50分以上のコースには、自由に取り入れていただけますので、興味のある方はお申し付けくださいね。



お申し込み、お問い合わせは、コチラからお願いします。




同じカテゴリー(リュッシャーカラーテスト)の記事画像
リュッシャーキューブテストコース
色彩心理を学ぶ
伝統芸能
マックスリュッシャー スイス本部来日セミナー
リュッシャー人気。
リュッシャー・フォーム・ワークショップ
同じカテゴリー(リュッシャーカラーテスト)の記事
 リュッシャーキューブテストコース (2019-08-01 22:08)
 色彩心理を学ぶ (2019-07-26 14:22)
 伝統芸能 (2019-06-16 15:18)
 マックスリュッシャー スイス本部来日セミナー (2019-01-24 11:40)
 勉強すると受けられない?? (2018-08-11 09:15)
 リュッシャーアテンダンスコースを受けて (2018-08-09 12:48)

この記事へのコメント
レポートありがとうございます!
色を選ぶだけで、難しいことはなにもしていないのに
剥かれるむかれる(笑
耳が痛い言葉も、今の私には必要な言葉でした
スパッと診断して頂いて、モヤモヤが晴れた気がします♪
Posted by ayo at 2011年02月23日 21:12
>ayoさん


ありがとうございました^^

ちょっと荒療治だったかも、ですが、
前向きに受け止めてくださってよかったです!

スッキリサッパリして前進してくださいね!!!
Posted by ayumiayumi at 2011年02月24日 08:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。