2017年11月08日

刈安色

滋賀県伊吹山の刈安を使って、


刈安染を体験しました。


刈安は、ススキのような山地に自生する植物で、


美しい黄色が得られることから、日本では古くから染料として用いられてきました。


緑色は単一の植物では染められないため、


刈安で染めた後に、藍をかけて、


緑を出しているそうです。


黄色は、フラボンという色素で、太陽の紫外線から守る役目を果たしているとか。


何度も何度も同じ工程を繰り返しながら、


徐々に黄色に染める根気のいる作業でしたが、


できあがった、美しい金色を見ると、


疲れも吹き飛びました。

















同じカテゴリー(色彩)の記事画像
紅葉
この実何の実?
色彩検定対策と自然の色
オレンジ革命。
希望の党
グリーングリーン!
同じカテゴリー(色彩)の記事
 色彩心理 (2017-11-09 14:06)
 ホンマでっか!? (2017-11-08 16:09)
 紅葉 (2017-11-02 09:01)
 この実何の実? (2017-10-27 13:32)
 色彩検定対策と自然の色 (2017-10-25 11:22)
 オレンジ革命。 (2017-10-06 14:48)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。