2018年03月11日

シンプルに

先日の祖父の葬儀には、


市長をはじめ、代議士夫妻、県会議員夫妻、市議会議長、副市長、教育長・・・


と錚々たる方々にご参列いただき、


叙勲のメダルをかけ、胸をはっている遺影の祖父には、有終の美を飾れたのではないかと思います。


先に他界した祖母も、私が首相官邸を表敬訪問した時の、安倍総理とのツーショット写真を持ち歩いているほど、


やはりそういった勲章的なものを大切にする人でした。


そんな祖父母の影響を受け、私も小さい頃から、習字や絵画や作文で、賞を取ったら見せて褒めてもらう、



賞をとることこそ、自分を認めてもらえる方法、



というような気持で育ったのかも、と思います。



そんな祖父には、90歳ぐらいの弟がおりまして、


先日の葬儀にも元気に参列していました。


そして、会食の席で、「兄弟7人で、ワシだけ、癌になってない!」と自慢?していました。


そのおじさんは、


専業農家で、


農作物だけでなく、肉類も、育ててさばくことができて、


ほぼ自給自足の生活を送っています。


暴れん坊の1歳の甥が、初めて会うおじさんの膝におとなしく座って、お経を聴いていた、という逸話もあり、



きっと愛情あふれる人なんだろうな、と思っておりました。



先日、祖父がお世話になっていた施設から遺品の返却があり、その中に、



そのおじさんが、アニキに聞かせてやってくれ、と言って持っていった、



段ボール箱に大量のCDがあったそうです。


それも、主治医の先生に渡しといて、と頼んだそうです。


普通は、偉い先生に渡して失礼かな、


とか、


大量のCDを聞かせてとかいうと、施設の方にご迷惑なんじゃなかろうか、とか


いろいろ気をもんでしまうと思うのですが、


シンプルに、聞かせたいから渡す。


シンプルです。


生きていかねばならないから、作物をそだて、生き物を食べる、


そこに困っている人があれば、手を貸す。




自分の名声のためでもなく、いいように思われたいのでもなく。


痩せたいとか、健康になりたいとか思ってオーガニックに走るのではなく、



必要な分だけ、取り入れる。



それが、癌にならなかった秘訣なんだろうかと思いました。



地位や名声のために、社会貢献している人ばかりではないし、



そういったものも、墓場に行くと消えるものでもなく、おじいちゃんは立派な人だったんだよ、と


後世に残っていくものかもしれないし、否定もしないけれど、




今は、そのおじさんの、とてもシンプルな生き方に惹かれます。



社会に役立つことをせねば、


人に良い人と思われたい、


そんな思いもこれまではあったのだけれど、




ここ最近は、


そんなツキもののような感じがスッと取れて、


今日来てくれたお客様が、本当に満足して喜んでくれればそれでいい、


と思えるようになりました。



そして、これまでより、心が楽に過ごせています。



今日すべきこと、一つひとつを大事にしていきたい、


そう思います。

















同じカテゴリー(ひとりごと)の記事画像
総裁選
インスタ映えな夏休み
サボテン。
一等賞。
日動画廊@山陽百貨店
帰宅難民?!激動の一日。
同じカテゴリー(ひとりごと)の記事
 総裁選 (2018-09-21 10:02)
 マイ キヨスク (2018-09-19 09:35)
 着せ替え人形。 (2018-09-17 10:12)
 ポジティブの貯金 (2018-09-16 10:37)
 インスタ映えな夏休み (2018-08-21 09:24)
 船上生活。 (2018-08-06 13:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。