2018年06月15日

紫根染め

数か月に1回の、京都染色研修へ。


今回は、紫根でした。


昔から染料が高価で、高貴な身分の人だけが着られたという紫色の元になる、紫根ですが、



今も変わらず高価で、着物を染めると何百万になるそうですオドロキ


そんな天然の紫根を、石うすで砕き、麻袋に入れて足で染料を揉み出し、



何度も何度も染料につけては洗いを繰り返し、7時間!(これでも短くて、濃い色を出すのは1週間この工程を続けるそうです。)


グリーンの長靴は、真っ赤に染まり、


美しい、赤紫色のストールが染めあがりました。














高価な染料+苦労して染めた色+好きな紫系


そして、やっとブルーベースにも似合う色を染められたという嬉しさ!


眺めてはうっとりしています。


貴重な経験ができ感謝です。ありがとうございました!







同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事画像
相生商工会議所で
パーソナルカラーの理論
スタイルUPには、センスか理論か。
似合うギンガムチェック
プリオリコスメ新色グロス発売!
PICSカラーアナリスト養成講座
同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事
 相生商工会議所で (2018-06-21 11:37)
 ハイハイ。 (2018-06-13 09:21)
 パーソナルカラーの理論 (2018-06-12 16:26)
 スタイルUPには、センスか理論か。 (2018-06-09 17:53)
 気づきのチカラ。 (2018-06-08 09:04)
 似合うギンガムチェック (2018-06-02 09:36)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。