2018年10月17日

正倉院裂

定期的に、京都まで染色の勉強へ行っていますが、


今回は、正倉院裂について、でした。


実際に正倉院へ納められているものの一部や、


当時のものを複製するために、用いられた様々な染色の道具などを見せていただき、


改めて、今残されている宝物の貴重さを感じました。


1200年以上も前の色が鮮やかに残された織物が紹介されると、感嘆の声があがっていました。


勉強のための写真は撮らせていただくことができましたが、


非公開ですので、


気になる方はお声かけくださいね。


夜は、カラーを愛する人たちと、


祇園の秋を・・・


松茸土瓶蒸し、いちじくの天ぷら、銀杏、すっぽんなどなど、


存分に味わいました。


こちらも写真撮影不可^^;


最近、アート表現の方が怠りつつあるので、


この経験を活かしていきたいです!







写真は染料の元になる植物です。



同じカテゴリー(色彩)の記事画像
ターコイズ@大英博物館
トイレット@パリ
ロンドンの赤
ヴィクトリア&アルバート博物館@ロンドン
ロンドン&パリへ
いよいよ東京進出?!
同じカテゴリー(色彩)の記事
 ターコイズ@大英博物館 (2018-11-16 12:01)
 トイレット@パリ (2018-11-14 12:34)
 ロンドンの赤 (2018-11-09 13:07)
 ヴィクトリア&アルバート博物館@ロンドン (2018-11-08 14:23)
 ロンドン&パリへ (2018-11-08 13:29)
 いよいよ東京進出?! (2018-10-21 16:59)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。