2018年11月14日

トイレット@パリ

みなさん。


パリはトイレにもこだわっていましたよ。


日本でも、商業施設やカフェなど、きれいでおしゃれなトイレがたくさんありますが、


公共機関はベーシックですよね。


こちらはパリのシャルル・ド・ゴール空港の女子トイレ。


まるでケイトスペードのような配色で、なおかつシンプル。






人がおられて詳しい写真は撮れませんでしたが、


こちらはプランタンのトイレ。







とにかくシンプルなんです。


もう、理想のデザイン。


水を流すボタンが、壁と一体化していて、



これがボタン?


と分からない。


温風の吹き出しか、水が出るのかお湯が出るのかすら分からない蛇口。


おろおろしていると、


モデルさんのようなパリジェンヌが、こうするのよ!という感じでお手本を見せてくれました(笑)




目に見える、設備的なものがすべて隠されて、


インテリアとしてのみ、表現されているのです。



日本ではこうはいきません。


デザインを優先させると、


「流すボタンが分からなく使いづらかった」


「水だと思ったらお湯が出て、やけどしそうになった。危ないから分かりやすく書いたほうがよい。」


などと、


口コミやアンケートにかかれてしまい、


せっかく作ったデザイナーこだわりの壁に、


「このレバーを回してください。」という手描きの張り紙を付けねばなりません。


美意識優先か、使いやすさが優先か。



長年の意識や文化の違いですね。



パリの美意識の高さを見習いつつ、


日本の気遣い、おもてなしの心を持ちながら、


気持ちよく生きていきたい。


そう、思いました。








同じカテゴリー(色彩)の記事画像
あなたの来年のラッキーカラーは?
ターコイズ@大英博物館
ロンドンの赤
ヴィクトリア&アルバート博物館@ロンドン
ロンドン&パリへ
いよいよ東京進出?!
同じカテゴリー(色彩)の記事
 あなたの来年のラッキーカラーは? (2018-12-08 10:48)
 ターコイズ@大英博物館 (2018-11-16 12:01)
 ロンドンの赤 (2018-11-09 13:07)
 ヴィクトリア&アルバート博物館@ロンドン (2018-11-08 14:23)
 ロンドン&パリへ (2018-11-08 13:29)
 いよいよ東京進出?! (2018-10-21 16:59)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。