2019年12月04日

量子力学×カラーセラピー

病気は無意識の自分が引き起こしている。


と言われています。


そんなのありえない、誰も病気になんてなりたくない!


って思いますよね。


私もちょこちょこ調子が悪くなり、これがなかったらもっと仕事もできて、遊べるのに!!と思っています。



子どもの頃は、何か行事がある前にはお腹が痛くなることもあり、



自分自身に嫌気がさしていました。だから自分で引き起こしているなんて思いたくない。



がしかし、もしかしたら、調子悪くなることで、バランスを取っているのかもしれないのかな、とも思うようになりました。





病気のために働けなくなり、疾病手当で生活をされているクライアントさんが、


家でストレスなく過ごしていたら調子がよくなり、病院で、ほぼ治っていますよ、


と言われたら、また働かなければならない、という不安が出てきて、


別の場所が調子悪くなった、


とお話されていました。




量子力学のセミナーで、


病気の状態とは、本来の自分を生きていないメッセージである。と学びました。


それはすべてではないと思うのですが、


やはり病は気からが大きいと思います。




病気をやめるのには、


原因になっている思い込みや葛藤を特定し、

思い込みや葛藤により得られるメリットをみつけて、そのメリットを得るために、

病気以外に方法がないかを考えていくことが必要。





上記の方の場合、働かなくてはならないことが葛藤で、なぜ嫌なのかを特定していくと、人間関係にストレスを感じやすい、次回も人間関係がうまくいかないという思い込みがあったので、



人間関係を感じにくい職場を探していくことで、病気に依存しないようにする、と意識をしてもらいました。



カラーセラピーにより、本当にしたい仕事、向いているもの、自分の気持ちを確認して、


できそうな仕事→やってみたい仕事を探すように、


そのために、自己肯定感を高める、ピンクとゴールドを身に付けて波動をアップさせることで締めくくりました。


体の不調と心のつながりに焦点をあてて紐解く、


スパイナルカラーセラピー、ぜひ受けてみてくださいね。



量子力学×カラーセラピー




















同じカテゴリー(カラーセラピー)の記事画像
愛と希望。
赤の手帳は・・・
ピンクのひなあられ
色から自分を知る。
ポケモンドーナツ
播磨科学公園都市の紅葉
同じカテゴリー(カラーセラピー)の記事
 愛と希望。 (2020-03-29 10:33)
 赤の手帳は・・・ (2020-03-24 11:36)
 ピンクのひなあられ (2020-03-03 15:03)
 色から自分を知る。 (2019-12-28 11:47)
 やり残したことありませんか。 (2019-12-22 15:17)
 ポケモンドーナツ (2019-11-29 11:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。